RECIPE

2022.06.13

ハンバーグ

手作りぽん酢でさっぱり!和風おろしハンバーグソース

食欲がないときやさっぱりしたハンバーグが食べたいときにおすすめなのが、ほんのり酸味が効いた手作りぽん酢で作る「和風おろしハンバーグソース」です。大根おろしには、アミラーゼが含まれているため、お疲れ気味の胃にも優しいですよ。
今回は、手作りぽん酢でさっぱりいただく「和風おろしハンバーグソース」の作り方をご紹介します。

材料(2人分)

エシカルバーグ・・・2個
大根おろし・・・100g
青じそ・・・2枚
★しょうゆ・・・大さじ2
★本みりん・・・大さじ1
★酢・・・大さじ1
★レモン汁・・・大さじ1/2

【付け合わせ】
わかめ・・・30g
ゆでとうもろこし・・・10g
ミニトマト・・・4個
しいたけ・・・2枚
オリーブ油・・・適量

作り方

1.大根をおろして、軽く水気を切っておきます。大根おろしは、葉に近い部分を使うのがポイントです。6

2.青じそは千切りにします。

3.フライパンにエシカルバーグと★の調味料を入れ、弱火で煮詰めます。

4.エシカルバーグの上に大根おろしを乗せ、手作りのポン酢をかけます。

5.千切りにした青じそを大根おろしの上に乗せ、付け合わせのわかめ、ゆでとうもろこし、しいたけ、ミニトマトを添えます。(付け合わせの詳しい調理法は、下記を参照)

6.器に盛り付けて完成です。付け合わせはぽん酢と合わせてお召し上がりください。

【付け合わせ】

1.わかめはたっぷりの湯で、鮮やかな緑色になるまで茹でます。茹でたあとは、水にさらしてから、水気を切っておきましょう。

2.しいたけは石づきを取ってから薄切りにし、オリーブ油をひいたフライパンで炒めます。

※旬の時期は、生のとうもろこしを使うのもおすすめです。
生のとうもろこしを使う場合は、とうもろこしの皮とひげ根を取り、1%の塩を加えたたっぷりの湯で茹でましょう。

ベジタリアンに不足しがちな栄養素を補おう!

今回のレシピでは、ベジタリアンに不足しがちなビタミンD、カルシウム、鉄、ビタミンB12が補えます。

ビタミンD:しいたけ
カルシウム:青じそ、わかめ
鉄:青じそ、わかめ
ビタミンB12:わかめ

青じそやわかめなど、鉄分を含む食材に、レモンのビタミンCを合わせて吸収力を高めましょう。
ぽん酢にレモンを加える理由は、香りと酸味をプラスするためです。栄養面ではビタミンCをたっぷり含んでいるので、鉄と一緒に取りたい食材です。
また、しそやわかめに含まれるカルシウムは、しいたけのビタミンDを合わせるとカルシウムが吸収されやすくなります。

今回の付け合わせは、塩こしょうなどで味付けをしておりません。茹でるだけ、炒めるだけの調理法にした理由は、塩分をカットするためです。ハンバーグに添えた手作りぽん酢だけでも十分おいしく召し上がれます。健康的にヴィーガンメニューを楽しみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。